寺好き女子の京都移住ブログ

お寺や神社 旅の話をつらつらと

平等院のライトアップに行ってきました。

絶対に京都に住んだら行こうと思っていた平等院のライトアップ。

念願を果たすためにも初日に行ってきました!!

 

夜6時からのライトアップ。

5時半には平等院に到着。

事前に券を買えるかなと思ったのですが、それは昼の拝観時間までで(昼の拝観時間に夜の分も買える)

5時半では遅過ぎたようで、6時まで並ばないといけないようなので。

先に腹ごしらえを。近くの京うどん屋さんに行きました。

食べ終わって6時過ぎたあたりだったので平等院に向かうと入るのに、そこそこの列。

コレは入るのに結構時間かかるかなーと思いましたが、10分も並んだかな?という感じです。

「券を買う」のに時間がかかるだけです。

券を買う前の所で紅葉が綺麗な所があって。止まらないでくださいって言ってるのに止まって写真撮る人がいるので、そういうのでもちょっとロスタイムができてしまうのかなぁと。

向かいのスタバとかで時間潰して、空いてきたら入るのも手だと思います。

 

拝観料1000円を払い中へ入るとすぐに。

f:id:murasakiimokyabetu:20191117203646j:image

うわぁ!!と声が上がるほど幻想的。

水面に映る鳳凰堂。

これが正面に行くと

f:id:murasakiimokyabetu:20191117203824j:image

鳳凰堂内部の仏像が水面に現れるじゃないですか!!

輝かしい。美しい。

ちなみに鳳凰堂の正面から写真を撮影するのにかなり並んでいました。

f:id:murasakiimokyabetu:20191117203918j:image

そしてこちらの角度もまた素敵。

平等院は何度行っても飽きないなぁ。

 

宝物館のミュージアムも見れます。

ここでも鳳凰の像がカッコよくて毎度惚れ惚れ。

そして雲中供養菩薩を見て、あーやっぱりここの仏像達が好きだと実感。

鳳凰堂は私が寺好きになったキッカケの場所です。

 

平等院を7時すぎぐらいには出ましたが、その時はもう並んでいなくてスムーズに入れていました。

公式HPに書いてありますが、6時が一番混雑するようです。

ということで帰りは最初に撮れなかった紅葉も撮影可能に。

f:id:murasakiimokyabetu:20191117204207j:image

下の方はまだ色づいていないので、来週あたりが見頃かなと思います。

でも平等院の美しさは紅葉よりも「鳳凰堂」です。

毎度、平等院へ行く時は宇治川を渡るんですけど、その時の空気が最高に美味しくて、心の中のもやもやが流れてく感じ。そして平等院でパワーが湧きます。

私にとって宇治はそういう場所です。

 

帰り道の参道の飴屋さんにて。

ひやしあめの試飲をもらって、その美味しさのあまりに買ってきました。

f:id:murasakiimokyabetu:20191117210140j:image

お湯割りを頂いたのですが、優しい甘さの中に生姜の風味がふわーっと広がります。

上品な味です。(缶ジュースとかで売ってるその辺の冷やしあめと全然違って美味しいと一緒に行った彼はいうてました)

これから冬に飲むのに温まりそうで、喉にも良さそうなので。

たまに飲んで宇治の思い出に浸ろうと思います。

 

ひやしあめの素(冷やしあめ)【京都】☆レビュー書き込みで次回あめプレゼント

楽天でも買えるみたいです。

f:id:murasakiimokyabetu:20191117215253j:image

11月中旬の京都・高雄

秋の高山寺西明寺神護寺を歩いてみよう

ということで去年のまさに今時期11月9日に行った写真です。

f:id:murasakiimokyabetu:20191111210218j:image

紅葉している木はとても赤くて綺麗です。

でも全体が紅葉しているかといえば。まちまち。

それでも京都でも山の方なので色づき始めの紅葉が楽しめました。

 

高山寺

f:id:murasakiimokyabetu:20191111210210j:image

鳥獣戯画の絵で有名の高山寺の紅葉はほんの少し。

いよいよ秋という感じ。

晴れの日は長袖を着ていれば日中は上着なしでもいける程度です。

しかし夜や日がかげると涼しい。

 

西明寺

f:id:murasakiimokyabetu:20191111210235j:image

なかなか良い紅葉具合
f:id:murasakiimokyabetu:20191111210243j:image

緑も残っていたり
f:id:murasakiimokyabetu:20191111210239j:image

グラデーションも楽しめます。

 

神護寺
f:id:murasakiimokyabetu:20191111210214j:image

微妙に紅葉している感じ。

f:id:murasakiimokyabetu:20191111210206j:image

緑。黄。赤のコントラスト。
f:id:murasakiimokyabetu:20191111210230j:image

それにしても階段が多くて、ヘトヘトになります。
f:id:murasakiimokyabetu:20191111210246j:image

でもとても良い雰囲気で気持ちのいいパワーのあるお寺です。

こんな所は絶対に着物では歩いてこれません。

くれぐれもレンタル着物でなんか来たらあきまへんよ。

 

徒歩コース

栂ノ尾バス停

高山寺

西明寺

神護寺

高雄バス停

 

最初に神護寺から回るのもありですが、神護寺の階段が一番きついので先に行くとクタクタになる可能性大です。

午前中に高山寺西明寺と歩いて、神護寺に上がる前のお店でご飯等を食べて一度休憩するのが良いかと。

 

嵐山の清涼寺
f:id:murasakiimokyabetu:20191111210221j:image

高雄を朝から巡り、時間がまだあったので嵐山まで行った写真です。

渡月橋はまだまだ。

f:id:murasakiimokyabetu:20191111210225j:image

ちなみに、高雄行ってからの嵐山はかなりハードですww

 

次の日は松尾大社
f:id:murasakiimokyabetu:20191111210249j:image

鈴虫寺も行きましたが、ここは紅葉ではなく、ありがたいお話を頂戴しに。

 

今年もいまのとこ気温的には去年と変わりなさそうです。

毎年、気温で京都の紅葉は変わるし。

天候で紅葉の綺麗さも変わります。

雨が多かったりした年は葉がボロボロだった時もありました。

毎年違うからこその魅力なんですけどね。

 

歩いて京都をめぐるには、この本がオススメ

私が持っている本は2014年度版ですが、ずっと京都を歩く際は参考にしてます。

高雄の歩くルートも掲載されてます。

 

島根のしじみが美味しすぎる

島根に旅行し、自宅用の土産として買ってきたのがコチラ。

f:id:murasakiimokyabetu:20191106161844j:image

 

しじみスープは乾燥ワカメも入っていて、それ自体に味がついてあるので、味噌汁茶碗に適当にシャカっといれて、お湯を注ぐだけで美味しいしじみスープができあがり💚

コレ。本当に美味しくて。現地で食べた、しじみの味噌汁より好きです。

 

しじみの力はいつもの味噌汁の具として楽しむ予定(^-^)

乾燥している商品で、日持ちもすするし良い感じ♪

 

しじみを食べると何故か力が湧く気がします。

 

島根良いとこ。また行きたい。

 

しじみスープ 80g

amazonで購入できるようです。

また楽天でも

 

無くなったら、今度はネットで買います!!

これが日本のハロウィン 時代祭 2019年 見に行ってみた

時代祭は歴史上の人物に仮装し歩く華やかな行列で見て楽しいお祭りである。

ハロウィンという文化が日本に入ってくる前から仮装はお祭りとしてやっているのである。

衣装がとにかく本格的で過去の日本にタイムスリップした気分を味わえる。

f:id:murasakiimokyabetu:20191030212950j:image

 

今年は10月26日(土曜日) 通常は22日。

行列は京都御所から出発し、平安神宮までを歩きます。京都の三大祭りの一つです。

 

私は河原町から三条方面に向かって歩き、木屋町通りで見ていました。

私が行った時はもうすでに始まっていて。

f:id:murasakiimokyabetu:20191030212713j:image

優美な姿の女性が歩いておりました。

上の写真は吉野太夫

江戸時代に京都で話題となり活躍した女性の列でした。

こちらは「お梶」

f:id:murasakiimokyabetu:20191030213728j:image

この3人が「出雲阿国
f:id:murasakiimokyabetu:20191030213724j:image

どれも衣装が素晴らしい。

江戸時代を感じさせてくれる行列でした。

 

その後の行列が「豊臣公参朝」の列

石田三成や大名の列です。

f:id:murasakiimokyabetu:20191030214111j:image
f:id:murasakiimokyabetu:20191030214058j:image

続いて「織田公上洛列」

鎧兜を着て、とても重そうです。

f:id:murasakiimokyabetu:20191030214107j:image

有名な兜も登場してきます。

f:id:murasakiimokyabetu:20191030214729j:image

彼らは、このお祭に参加するために馬に乗れるようにしておくのでしょうか。

凄いです。カッコいい。

 

室町洛中風俗列

f:id:murasakiimokyabetu:20191030220454j:image

こちらは子供達が大活躍。
f:id:murasakiimokyabetu:20191030220458j:image

歩き疲れたのか泣きそうな子もおりました。
f:id:murasakiimokyabetu:20191030220447j:image

笛に太鼓
f:id:murasakiimokyabetu:20191030220505j:image

交差点のところで止まり、

f:id:murasakiimokyabetu:20191030215533j:image

囃子 に合わせて太鼓を叩き踊ってくれました。

f:id:murasakiimokyabetu:20191030215523j:image

風流傘。傘の上には蝶の装飾品が綺麗です。

 

 

楠公上洛列

f:id:murasakiimokyabetu:20191030215537j:image

法螺貝の音が響き渡ります。

 

城南流鏑馬(やぶさめ)列 

f:id:murasakiimokyabetu:20191030215518j:image

弓矢を持っている人もいれば、その的を持っている人もおりました。

 

平安時代婦人列

f:id:murasakiimokyabetu:20191031205133j:image

清少納言旗に書いてくれているとわかりやすいですね。
f:id:murasakiimokyabetu:20191031205212j:image

この列は女性たちが活躍します。
f:id:murasakiimokyabetu:20191031205152j:image

とても綺麗です。

 

延暦文官参朝列
f:id:murasakiimokyabetu:20191031205216j:image

前列
f:id:murasakiimokyabetu:20191031205202j:image

背中に華やかな羽がついてます。
f:id:murasakiimokyabetu:20191031205224j:image

神社の祭り事に使われる道具的なやつかなと。
f:id:murasakiimokyabetu:20191031205157j:image

神幸列
f:id:murasakiimokyabetu:20191031205228j:image

鳳凰が上にのっています。
f:id:murasakiimokyabetu:20191031205137j:image
f:id:murasakiimokyabetu:20191031205208j:image

 

↓この立派な車に乗っているのは名誉奉行だと思われます。
f:id:murasakiimokyabetu:20191031205146j:image

白川女献花列 
f:id:murasakiimokyabetu:20191031205220j:image

昔は花を頭に乗せて売り歩いていたそうです。

この時は神前に供える花を乗せているのだとか。

 

(写真と説明が間違っていたらごめんなさい。一応。後から調べて書いているつもりですが。正しい説明できる方。教えてください。というか詳しい人いたら来年一緒に見に行ってほしいですw)

 

こんな感じで気がつけば1時間以上も行列を見て楽しんでいました。

行列が通る所で待っていれば見れるので、祇園祭よりも人が分散されて見やすいです。

ただ迫力は祇園祭の方が数倍あります。

もっと勉強してから見に行けばよかったなーと思いましたが、十分に楽しめました。

秋の過ごしやすい季節ですが、直射日光が当たると暑かったので、見る位置を考えるとか、ツバのある帽子を持っていくとかしたら良かったなと。

 

日本らしい仮装でお祭をするっていいなーと。

私もいつか京都のお祭に参加してみたいな。

 

天神橋筋商店街で安くて美味しいガッツリ系ランチ

柔らかいジューシーな鶏肉にお腹も心も満たされた話をしたい。

f:id:murasakiimokyabetu:20191027155837j:plain

私が食べたのは若鳥のカツに特性デミソースがかかったもの。

奥の方は彼が食べた日替わりの油淋鶏だ。

税込880円という値段なのにボリュームが凄い。

うまさと満足度では1500円ぐらい取ってもいい内容だった。


天神橋筋商店街日本一長い商店街。

とにかく安くて掘り出し物がある、いかにも大阪らしい場所で、私はとても好きだ。

テレビのインタビューなんかもよく行われている。

そこでお腹が減ったのでふらっと入ったお店がココ。

f:id:murasakiimokyabetu:20191027161210j:plain

「溶岩焼 市」のランチだ。

お肉料理がメインのお店。

私が食べたランチは880円でボリュームのあるカツだけではなく

カツの横には素揚げの芋。ナスが乗っている

f:id:murasakiimokyabetu:20191027160151j:plain

さらにはサラダ。牛すじの煮込み。みそ汁。三種の野菜の小鉢。

どれも美味しい。牛すじなんかは私は苦手だと思っていたが、トロトロで柔らかく非常に美味しかった。

ご飯はおかわり自由だ。

彼はそのご飯の旨さにも驚いていた。

ご飯もこだわりのお米を使用しているとのこと。それがおかわり無料という凄さ。

野菜もたくさん食べれるのが非常にありがたい。


商店街でも天満から南森町側にある。

ここは沢山の飲食店があるが、正直、当たり外れもある。ここは正解◎


他の少し値段が上がるメニューも食べたくなった。

きっと値段の割にレベルの高いお肉料理を提供してくれるに違いない。


滋賀県グルメ 三井寺 力餅が美味しくて大好き!!

f:id:murasakiimokyabetu:20191024223237j:image

コレ滋賀に行ってもなかなか買えないんですよね。

きな粉餅が好きな人は間違いなく好きだと思います!

f:id:murasakiimokyabetu:20191024223242j:image

明治2年から創業。

歴史があるのは比叡山があるからですね。

三井寺力餅ということで「三井寺」で食べれます。

私も初めて食べたのは三井寺でした。

三井寺に行ったらその場で絶対に食べてほしいです。お茶と一緒に頂けます。

 

今回は大津の「湖の駅」にてお土産用を購入

隣の琵琶湖ホテルでも購入できるようです。

しかしどちらも入荷分が売り切れたらおしまい。

今回は10個入りがラス1で購入できました!!

 

ふたを開けるときな粉でいっぱい。

f:id:murasakiimokyabetu:20191024223245j:image

お餅が棒に付いています。

ほぼきな粉で見えないですけど。

f:id:murasakiimokyabetu:20191024223249j:image

大きさはそんな大きくないです。ペロっと1個食べ終わります。

何が美味しいってシャリっとした砂糖も入っているのですよ。

柔らかいお餅にシャリっとした食感も楽しめて、そしてきな粉の香ばしさ。

 

ちなみに。この中に入ってるきな粉は多すぎて絶対に残るんですけど。

トーストに蜂蜜ときなこ乗せて焼いて食べたら美味でした❤️

 

あとスグ食べないと固くなるんですけど、説明書きに入っていた通り、レンジで10秒程温めたら、柔らかくて美味しくなりました。

でも温めすぎると餅がデロデロになりすぎるので要注意。

 

あと一人で10個も食べられへんので、冷凍してみました!!

これもレンジで少しずつ気をつけながら温めたら大丈夫でした。

残ったきな粉をまぶして美味しく頂きました。

※レンジでチンや冷凍は自己責任で。

 

地方発送とかもしておらず、本当に出来立てにこだわっているので。

滋賀で見つけた際には是非食べてみてほしい一品です。

 

京都・即成院の仏像が凄い〜東福寺周辺

f:id:murasakiimokyabetu:20191023155156j:image

東福寺駅から歩いて10〜15分。泉涌寺へ向かう坂の途中にあるお寺です。

f:id:murasakiimokyabetu:20191023155749j:image

無料でお寺の中に入ることができます。そして遠目からこの仏像を見ることもできますが!

500円の拝観料を払うとなんとこの仏像の真下まで近づくことができます

仏像の鼻息が聞こえてきそうな程の近くで眺めることがでます。

私が行った時は「私しか」いなかったので、ゆっくりとこの仏像さん達に向き合ってきました。

f:id:murasakiimokyabetu:20191023155831j:image

ようこそ極楽浄土へ

阿弥陀如来と二十五菩薩。

これは極楽浄土をイメージしたものです。

二十五菩薩は楽器をそれぞれ手に奏でています。

あの世でも音は存在し、心地よい素敵な音色が流れているなんて想像すると、あの世はそんなに怖く恐ろしいものだとは思えません。

このスタイルは平等院鳳凰堂も一緒で、雲中供養菩薩があの世のソングを奏でています。

音楽を作ったりしていた私にとっては、あの世にも音があるんだと想像すると何故だか嬉しい気分になります。自分が死んだら、この菩薩の一員になれないかと思う程です。

 

阿弥陀如来は5.5メートルあり。近くでみるとなかなかの迫力。

そして菩薩さん達は150センチ。私と同じ身長なのであります。通りで親近感が湧くわけです。笑

 

自分が死ぬ時。もしくは自分の死が間近の時、ここに来てあの世の想像をしたいと思うのは私だけでしょうか。極楽浄土の空気感を五感で楽しめるお寺です。

 

那須与一公のお墓

ちなみに。那須与一のお墓がある所は無料でお参りどうぞということでお参りに来ている人がおりました。

f:id:murasakiimokyabetu:20191023161211j:image

ここを上がった先にありました。

しかし。すいません。その方をワタクシ存じ上げませんで。。。

調べてみると源氏と平家の「屋島の戦い」にて、平家が立てた扇の的を、見事射落としたことで有名な源氏方の武士だそうです。

ここのお寺でお亡くなりになったそうです。

この極楽浄土を前にして亡くなったとするなら極楽浄土へ行けたでしょうなぁ・・・。

 

少し歩きますが、東福寺に訪れた際には「即成院」へ

そしてその足で行ける方は泉涌寺泉涌寺は美人祈願iPhoneで顔認証される仏像。 - 寺好き女子の京都移住ブログお守りが変わってます!!

 

東福寺駅すぐの神社のお祭り行ってきたブログはこちら9月。瀧尾神社の神幸祭を見に行ってきた。 - 寺好き女子の京都移住ブログ